Cripple Creek Ferry

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さて

特定秘密保護法も強行採決なので、
明日から再開しますよ。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/06(金) 01:04:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Lovin' you



ミニー・リパートンの歌声は奇跡だな。

いや、歌がうまいとかそういう話じゃなくて、(もちろんすごいけど)
聴き込んでた時の感情とか体感が甦ってくる。

そういう意味では、
ビートルズのアイブガッタフィーリングもそうだし、
ストーンズの愚か者の涙もそうだし、
ニール・ヤングの壊れた渡し船もそうだ。

スティービー・ワンダーにその才能を認められ、
31歳でこの世を去った天才シンガー。

ギターは旦那。
ローズはスティービー・ワンダー。

No one else can make me feel 
The colors that you bring 
Stay with me while we grow old 
And we will live each day in springtime 
Cause lovin’ you has made my life so beautiful 
And every day my life is filled with lovin’ you 

愛することで満たされるエブリデイって、
しびれるくらい素敵なんだろうなって、
妄想してた16歳の秋でございました。

  1. 2013/10/24(木) 02:09:39|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

献杯。

IMGP0943.jpg

というわけで、
大変お世話になったまさこさんへの感謝の気持ちと、
あちらでも楽しく過ごせるように、
(足して)67年の年月分のウイスキーを味わいたいと思います。

新しく買うのもあれなので、
倉庫からとっておきを出してきたよ。

1本目はこれ、ブラックブルの30年。
http://whisk-e.co.jp/product/dctblackbull.html

2本目は、駒の22年。
http://www.hombo.co.jp/item/whisky_brandy/mars_singlemalt_komagadake22/

最後は、イチローズの15年。
http://musashiya.usukeba.com/e64642.html

献杯のボトル。
週末に息子のところにでも持っていくかな。
  1. 2013/10/11(金) 21:44:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まさこさんのこと3

IMGP0941_2013100316290724c.jpg


息子は大丈夫ですよ(大丈夫じゃないけど)、とか、
僕には無理です(だって酔うと絡むし怖いし)、とか、
サポーティブな友だちは他にもたくさんいますよ(ゆりとか)、じゃなく、
「まかせておいてください」と言ったのは、なぜだろう?

まさこさんは「頼むね」という振る舞いを通して、
いつでも僕のことを心配してくれていたからだと思う。

それがカウンターのマナーなのかどうか僕にはわからないけど、
どんなに落ち込んだり(たまにそういうときもある)、
むかついたりしていても(そういうことはよくあった)、
「大丈夫?」という声かけは一度もなかった。

それが僕にはとても心地よかったし、
頑張ろうと思える大きな支えになった。

病気になりながらも、
僕のことを気にかけてくれるまさこさんに、
ちゃんと伝わってますよ、ということを伝えたかったのだと思う。

最後にまさこさんに会ったのは、
春先、いつものメンバーでの飲み会の席だった。

その後、何回かお店に顔を出したのだけれど、
いつも間が悪く会うことはできなかった。

  1. 2013/10/11(金) 08:12:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まさこさんのこと2

IMGP0942.jpg

同窓会の準備期間、結構な頻度で(ひとり)福もとしていた僕。
おやじさんとは(ほんと)どうでもいい会話で盛りあがり、
お客さんとは時事問題で知ったかぶりトーク。

まさこさんとの話の大半は息子のことだった。
「あの子は友だちが多いのが財産だよね」
 (僕は友だちが少ないのが特徴です)
「うちのタカミツを頼むね」
 (どのあたりを請け負うかもう少し具体的にオーダーしてくれると・・)
「あーみえて気が優しい子だから」
 (彼の半分は優しさできているとして、残りの半分が問題ですよね)

風の噂でまさこさんが癌だと知ったのは、
同窓会が終わってしばらくしてからのことだったと思う。

2011年5月3日、
オープン前のバーにあらわれたまさこさんはとても痩せていて、
なんて声をかけたらいいかわからずモジモジしてる僕に、
いつものように「タカミツをよろしくね」と話しかけてきた。
http://pawpower.blog112.fc2.com/blog-entry-134.html

僕は思わず「まかせといてください」と答えて店をあとにした。
  1. 2013/10/09(水) 18:36:17|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

まさこさんのこと1



2009年5月、新春の集いに向けたブログで駅南の「福もと」を紹介した。
その時の記事にはこんなことを書いた。

浜松駅の南口をでて、モスバーガーの交差点を渡り、ロイヤルホスト裏手の細い路地を入ったところに「福もと」はある。駅南は(北に比べて)再開発がすすんでいない地区である。古き良き昭和の香りがそこかしこに漂っている。「福もと」は、そんな町並みにしっくり馴染むこじんまりとした食べ物屋さんだ。

都市計画に基づいた新しい幹線道路は、郊外へと人を運び、駅周辺の空洞化を促す。大規模ショッピングモールに依存する新しい生活スタイルが、それに拍車をかける。莫大な税金を投入したザザシティーでさえ、その流れには逆らえなかった。

つぎつぎと個人商店が店を畳んでいく中、店を守り続けていくのはどんな感じなんだろう?と、ふと思う・・・。

僕の祖母は、菅原(はんこ屋の裏手)に住んでいたが、線路の高架化に伴う立ち退きで、切り崩したばかりの佐鳴湖畔に移り住んだ。竜禅寺小や浅間小で教鞭(正確にはデッキブラシ)を奮っていた祖母は、駅南に思い入れが深く、当時の町の様子をよく話してくれた。幼い僕にはピンとこなかったが、その語り口に漂っていた空気を今なら表現できる。

人情。

新興住宅地に引っ越してきて祖母が真っ先に感じたのは、そこにあってここに無いもの、人とのつながり方の差だったのではないかと思う。

道路に面した三角窓をのぞくとカウンター越しに客との会話を楽しむ「お母さん」の姿が見えた。

・・・客は息子だよ。


同窓会企画部の仕事は(今だから言うけど)、結構泥縄だった。
普段はあまりいらつかない僕も、ストレスが貯まってバイトテロ的な行為に走ったりもしていた。
そんなとき福もとのお母さんは「楽しそうでいいねぇ」と、僕の悪態や醜態を軽く笑いとばしてくれた。

もし「福もと」がなかったら・・・。

僕は7月の時点でケツをまくって逃げ出していたと思う。


  1. 2013/10/03(木) 16:57:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

持病の癪

IMGP790.jpg

ごほんごほん・・・。

空気のキレイな朝霧高原から市ヶ谷なんかに行ったもんだから、
咳がとまらないでげす。

学会は、今縦断的にとってる尺度を作った先生に会うことができたり、
卒業生が大学院を目指していることを知ったりと、
なかなか実りの多いものだったんだけど、
いかんせんこの咳が・・・。

明日から1泊2日のいつものハイキング。

夕方、ものすごい雷雲がビバーク地点辺りをうろついてて、
今日じゃなくてよかったと思った次第です。

質問:
ぼちぼちロジック入れて宅録始めようと思うんだけど、
インターフェース、今は何がおすすめなんでしょうか。

  1. 2013/08/21(水) 22:03:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

マックファン!

IMGP787.jpg

漢はマック。
原稿料をはたいてLC630を買い、いじり倒して使っていたのが懐かしい。

ということで、マックと名のつくものは即決即断で買ってしまう。

Macphunnは、絞首刑になった旦那の亡がらに無理矢理飲ましたら生き返ったという伝説を持つ、
スペイサイドの隠れた名酒だ。

蒸留所の名前は明かされていないけど、
マッカランのカスクストレングスということで間違いないと思う。

ファーストフィルのシェリーで18年。
これを飲むとマッカランもいいじゃないか、と思う。

さて、法政大学に行ってきます。
  1. 2013/08/18(日) 12:17:54|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

いくぞ!



oiai展。
行くなら今日しかないが、トオルくんはいるのかな。

成績入力がようやく終わったので、
静岡の事務所の片付けをしてから浜松へ。
混んでないといいな。

明日から、8泊9日夏の3本目のスタート。

19日は学会発表があるので法政大学って、
いろいろ行ったり来たりの日程です。

昨晩はダックテイルズ聞きながらレポート読んでたんだけど、
ちょっと甘めにつけてしまう魅力があるね。


  1. 2013/08/16(金) 14:51:25|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

森の人



キャンプ場から標高1450mのブナの原生林へ、
てくてく歩いて泊まって帰ってくる1泊2日のハイキングは無事終了。

いつものビバークポイントが春先のスラッシュ雪崩でごっそり削られていた。
数百メートル上った先にある、土石流監視のためのカメラ塔も根元から倒れていた。

その辺に樹齢酢百年の木がごろごろ転がっていたので、
みんなで森の人ごっこをしてみたよ。

雨よけのためカマドの上に張ってあったブルーシートに穴をあけたグループが、
ポンチョとして再利用していたので、それを着込んで倒木の上に立ち、
「お前たちの長に伝えよ この地より立ち去れと」
とかごにょごにょ言うだけ。

参加者の中にナウシカおたくがいたので、名台詞を加えて盛り上がってみた。
「いのちは闇の中にまたたく光だ」とか、
「火は森を一日で灰にする 水と風は百年かけて森を育てるんじゃ」
「わしらは水と風のほうがええ」とか・・・。

「土に根を下ろし、風と共に生きよう」って呟いたら、
それ違うからと瞬殺されたよ。

残り後2日。
  1. 2013/08/10(土) 23:11:52|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。